CLIL(内容言語統合型学習)のすすめ


CLIL(内容言語統合型学習)についての東洋経済オンラインの記事です。

「役立たずの受験英語」を劇的に改善する秘策
東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/228275

娘は日本の小学校に通っていたのですが、5年生までCLILを導入してる学校でした。
日本人の担任と英語ネイティブの教師が2人1組となって、教壇に立っていました。

帰国子女や、英語教育に熱心なご家庭の子女が多かったのですが、子供たちの中でも、ボキャブラリー、発音、基礎的な英会話力にばらつきがあります。
やはり基礎的な部分が身についている子供の方が、英語の上達が早かった様に思います。

おまけですが、副次効果なのかもしれませんが、コミュニケーション力、交渉力はかなり身にいた様です。
お祭りで、屋台のトルコアイス売りのトルコ人のお兄さん相手に値切ったりしていたのが、今では楽しい思い出です。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です