ロンドン落書き(見て回る)ツアー in Camden Town


気持ちのよい春がやって来たので、歩いてロンドンへ出かけよう。

IMG_1500 IMG_1488
とてもよい天気に恵まれたホリデー最終日、息子とRoco(愛犬)との2人と1匹で、Camdenマーケット周辺の落書きを見学するツアーに参加しました。Global Street Art というところ が定期的に行っているツアーです。

http://globalstreetart.com

http://camdenstreetarttours.com/

Global Street Artは、ストリートアーティストの支援活動を行っています。 その活動はユニークで多岐にわたっていて、例えば、このCamdenでのツアーや、キャンバスになる建物の壁を確保するべく交渉したり、ソーシャルメディアを使って作品の紹介を行うことなどです。

この日は、ストリートアートを専門に撮り続けていると言う写真家のNellyが、私たちをたっぷり2時間のツアーに案内してくれました。

グローバルなアーティストによる、グローバルな作品群

IMG_5812  IMG_5783

町にはたくさんの落書きがありますが、ほとんどのものは違法に描かれたもの。 世界中から集まったアーティストが、思い思いの作品を残しています。 そそくさと短時間で仕上げているとは思えない、とても手の込んだ作品が、町のあちこちに点在しています。

IMG_1473 IMG_1486

その手法もさまざまで、ステンシルから始まり、下の作品はバックグラウンドが陶芸家の瀬戸物の作品。サイの作品は建築を勉強したアーティストのもので、その構造をほどいていくと長い一本のリボンになるそうです。

IMG_5797 IMG_5809

 

刹那なアート作品を、少しでも長く残すための手段?

こうした作品達は、合法/違法を問わず、地域からの良い反響や支援があると長いもので1-3年間ほど残されることもあるそうですが、違法のものはたいていすぐにペンキの上塗りで消されてしまうそうです。

IMG_1464 IMG_1463 IMG_5806
Camdenで作品を少しでも長く残したかったら、この町で暮らして活躍したAmy Winehouse (wikipedia)を題材にしたものにするのが鉄則とか。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です