ホノルルから高校生の卒業に向けて


アロハ!ホノルルのサヤカです。

我が家の長男、17歳が今月の末に卒業式を控えています。
私はアリゾナの全寮制の高校に行っていましたが、17歳で妊娠、18歳で出産をしているため、妊娠を機に中退し、自分の卒業式を体験する事はありませんでした。
ですが、人の卒業式には沢山参加した事があります。笑

ガウンが到着

アメリカの卒業式と言えば定番のあのガウン、、、当たり前と言えば当たり前なのですが、事前に自分たちでオーダーして、購入します。

1ヶ月ほど前に、息子に頼まれて、ネットでオーダをしたものが、到着しました!

photo 1

割とあっさりとしている私ですが、実物が到着すると、なんだか感情がこみ上げて、視界が潤んでしまいます…

ガウンを見ただけで、こんな感じだと、当日どうなるのかちょっと不安です。
が、タオルを2枚持って行けば、1歳児のよだれを拭きながら、私の涙も拭くのにちょうどいいかもしれないなどと計画を立てています。

開けるとますます実感がわいて

サイズなどを確認するためにあけてみると、ますます実感がわいて、「当日泣くと思うからね」と宣言したら、「なんで?」と聞かれました。
「私の小さかったベイビーが高校卒業なんて、泣くでしょ!」と言うと、笑っていました。さすが男の子。

この帽子、最後に投げるんですよね〜。青春ですね!
photo 2

そして、2015年度卒業と言う意味のこの「15」
photo 3

1997年に生まれた、この子が、2015年に高校を卒業するのね〜、、、と
なんだかいちいち感動してしまいます。

一人前の人間として扱うべき?

母としては、もう一人前の人間として、1人の相手として扱わなければいけないと言う気持ちと、まだまだ子供のような言動を心配する気持ち。
自分が17歳の頃を思い出すと、自分が一人前だと思い込み、人にとやかく言われたくなかったあの頃。

どちらをとっても、お互いに複雑な時期ですが、これからは、もっともっと人間同士の付き合いを深めて行ければ良いな、とそんな風に改めて思う今日この頃です。

卒業式の当日が楽しみだな〜!

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です